わたしの定番アクセサリー vol.10「ちょっとスパイシーにあたたかく。秋冬カラーのコレクション」

あれこれといくつも欲しくなり、気づけば増えてしまうアクセサリー。だけど、「これは」と自分の中でなんだか特別な“定番”のアイテムってありませんか。そんな「わたしなりの定番アクセサリー」をおしえてもらう連載企画。第10回目の今回は、毎回「聞き手」としてこの連載の執筆を担当している、ライター・めるのアイテムです。

この季節を待っていた。

ずいぶんと若い頃は「ファッションがいちばんたのしいのは“夏”」と、どこか決め込んでいるようなところがありました。
「夏になればー」とショッキングピンクや、ビタミンカラーの洋服や髪飾りにいつも心奪われていましたが、近頃たのしいのは、実は「秋」だったりします。

袖の丈や、防寒の具合には悩まされるものの、赤・ゴールド・モスグリーン・マスタード…、深まる秋とこれからやって来る冬の気分をぐっと盛り上げてくれるような、ちょっと「スパイシー」なカラーの小物が、わたしをドキドキとさせてくれます。

耳もとには、ホットなカラー

大ぶりのピアスが好きで、洋服を選ぶときは、常にピアスとセットで、その組み合わせを考えていたりします。
それぞれ右耳と左耳に2個ずつ穴があいているのですが、「小ぶりのものと組み合わせる」という感覚も特に持ち合わせておらず、右耳に大きなものを2つつけることも。
いつも、あまりルールを設けずにたのしんでいます。

額縁に飾られているような真っ赤なピアスは、赤や黒のニットとの相性が抜群。
以前このメディアでもご紹介した福岡の大好きなお店「Dua」で購入したもので、「ここぞ」というときに、よく身につけています。

本当に、「うれしい気分」「頑張るための活力」をチャージさせてもらえるお店で、出張や旅行のたびにお邪魔している場所。
ここで購入したアイテムは、そんな気分を思い起こさせてくれたりもします。

マスタードはここ数年で、突然恋したカラーで、2年ほど前に購入しました。
ゴールドのパールと組み合わせた大ぶりのデザインですが、くるみボタンの素朴さやパールのマットな質感が程よく、悪目立ちせずに、コーディネートの差し色になってくれます。

・「SORA」さんの「大きなくるみボタンピアス」
https://minne.com/items/7597782

作家「●▲■−まるさんかくしかく−」さんの作品のファンで、この「カクカクシリーズ」はいくつも集めているのですが、中でもモスグリーンと煉瓦色は、これからの季節にぴったり。
意外な組み合わせとして、大ぶりのコットンパールと合わせて上下でつけてみても、ニットやシンプルなワンピースによく合います。

・「●▲■−まるさんかくしかく−」さんの「3setカクカクピアス」
https://minne.com/@mss-kanayo

ゴールドと白糸の刺繍の組み合わせには、なんだか大好きなクリムト(グスタフ・クリムト)の絵画の世界を思い出すような、うっとりとした気分に。
つけ心地の軽さも、耳もとでチラチラと揺れては輝くデザインも、身につけていると本当にうれしくなってしまうアイテムです。

・「toirohanko」さんの「刺繍ピアス」
https://minne.com/@toirohanko

主役を任せる、個性派ブローチ

ブローチもコレクションしているもののひとつですが、秋冬は、まさに「主役」になってくれるようなアイテムを選び取ることが特に多くなる気がします。

右上は、作家・CHIMNEYさんの個展で「ピンクにしようか」「白にしようか」と数十分悩んで購入したもの(笑)。タッセルや編模様が入っていて、ニットの一部のように見えるところもおもしろく、ベージュや黒いニットに組み合わせてたのしんでいます。
左下のメガネのプローチは、タートルネックの襟部分や、開襟したシャツの襟の部分につけるのがお気に入り。

・「CHIMNEY」さんの「マイティさんかくブローチ[White]」
https://minne.com/@chimney0
・「harapecora」さんの「おめかしブローチ(メガネ)」
https://minne.com/items/11158831

ネフェルタリのブローチは、出会う人全員の心を奪ってしまうようで、もう何度「すてき…」「おもしろいですね」と声をかけてもらえたか、数えきれないほどです。
あまりにもお気に入りのデザインで、先日ついにピアスも購入してしまいました。

・「Ufufuya」さんの「ネフェルタリのブローチ 古代エジプト」
https://minne.com/items/13710223

丸くて大きな木製のブローチは、ちょっとわたしの中で特別なアイテム。
昨年、会社の先輩と出かけた「蚤の市」でひと目惚れしたものですが、時間は閉場時間になっているというのに、これを目にした途端、もうそこから動け出せなくなってしまって。

無地の洋服にも、柄物のワンピースにも似合う、スペシャルで実用的な逸品として、今ではわたしの定番ブローチとなっています。

指は、自分が惚れ惚れするためにある

リングはアクセサリーの中でも特に大好きなアイテムで、唯一どんなときも自分の目でたのしめるアイテムですから、その分こだわりも強くなります。

真ん中の赤いクリスタルカットガラスを使ったリングは、赤いネイルと合わせて身につけると、指もとを眺めるのがたのしくてたのしくて。
右端の木でできた「石ころの指輪」も、軽い付け心地とは裏腹に、本当に贅沢な心地に浸れる、おすすめのリングです。

・「ぽま/クリスタルドロップス」さんの「アンティーク調リング」
https://minne.com/items/19928160
・「KAMIZA」さんの「《オーバル》木の石ころ指輪」
https://minne.com/@6580013

そして、これからの季節大活躍してくれそうなのが、丸いヴィンテージボタンのリング。あたたかでカラフルな色味とゴールドの組み合わせが最高に気分を盛り上げてくれます。

こうして執筆しているときも、常に目に映っているのが指先。
ネイルもリングも、自分を惚れ惚れさせるために選ぶものなのだなと、外出が減ったいま、痛感する日々です。

・「kuni」さんの「ヴィンテージボタンのリング」
https://minne.com/items/21190527

ひと目惚れは、一生の宝もの。

「これは…」と心が動いて選び取るもの。

この連載を通じて、身近な人たちのアクセサリー選びをたくさん見てきましたが、どのアイテムにも「その人らしさ」「その人の感性」が詰まっているようで、選び取ること、「あ」と心奪われ“ひと目惚れ”すること、は宝もののように尊いことなのだと改めて感じることができました。
そして、自ら選び取ったアイテムはどれも、愛おしくて仕方ないのです。

 
これからも、たくさんの人の定番アイテムをご紹介できればと思います。
おたのしみに。

める
minneとお買いものが大好きなライター。息をするようにお金を使ってしまう。アイスコーヒーを飲まないと眠ってしまう。

文 / 中前結花  撮影 / 真田英幸