2020年10月の「月刊・編集後記」

「minneとものづくりと」編集部の日頃の仕事や考えたことを、毎月まとめてお届けします。2020年10月は、こんな毎日を過ごしていました。

10月の編集部

いよいよ、朝夕は特に冷え、上着の素材にも気を遣わなければいけない季節になってきました。みなさま、どうか風邪などひかれませんように。
今月は、まさに「あっという間」に時間が流れ、年内の記事や企画の準備にやや追われる日々を過ごしていました。
「年末年始の準備ですがー」なんて会話が編集部でも増えてきて、「ああ、もう年越しもすぐそこなのね」と、すこし焦りを覚え始めた10月の編集後記です。


まさかの大作「アップルパイ」

今年の5月に始まった連載『“わかったさん”とつくる』。先日、6回目の記事を公開しました。
始めた当初は数回の予定でしたが、まさか「アップルパイ」といった大作に挑むことになるとは…。
大人になると何かきっかけがないと新しいことになかなかチャレンジできないので、この連載は、ぼくの中でもありがたい存在です。
そんな連載も残り2回。最終回はどんなレシピを再現するのかおたのしみに。
(カメラマン・のこ)

編集部の面々からは、「なぜあと2回で終わるの?」「もっと見たい」とねだられ、本人はタジタジ。

癒しをくれる、宝石みたいなソープ

書籍『ほんものみたいなジュエルソープ』を参考に、ジュエルソープ(宝石石鹸)づくりにチャレンジしました。
素材を切ったり、混ぜたり、冷やし固めたり…と、まるで料理のような作業工程はとてもたのしく、あっという間に美しい一品が完成。
眺めてよし、使ってよし。好きな色と香りをまとった石鹸に、日々癒されています。みなさんもぜひ。
(ライター・せんせい)

新たな一歩をいっしょに。

新たな連載が始まりました。その内容は、「作品写真の撮影&編集を見直すことで、作家さんにギャラリーページを一新してもらう!」というもの。
撮影方法や編集方法を一緒に探りながらご対応いたき、素敵なページが完成したとき、作家さんと一緒に喜ぶことができて、本当に感動しました…。
その後無事、作品の販売にもつながり…ちょっと涙してしまった幸せなできごとでした。
改めて、たのしい仕事です。
(ライター・める)

いったい、なにができるでしょうか?

SNSで「制作途中の作品写真」を投稿してもらい、「どんな作品が完成するでしょうか?」作家さんにクイズを出してもらう連載、『なにができるかな?』が3年ぶりに復活となりました。
あれこれと想像が膨らむたのしい企画です。
記事だけでなく、Twitterのハッシュタグ「#なにができるかな」でもたくさんの素敵なお写真が集まっているのでぜひチェックしてみてくださいね。
(スタッフ・エミリー)

 
今月は、こんな1ヶ月でした。来月もどうぞよろしくお願いします。

 

2020年10月30日 minneとものづくりと編集部