ドライフラワーを封じ込めた「プレートビーズピアス」

お好みのドライフラワーでたのしめる「プレートビーズピアス」のつくり方をご紹介します。耳もとでゆらゆらと揺れ、コーディネートをドラマチックに演出してくれますよ。

レシピ提供・撮影:パジコ
UV-LED レジン「星の雫」や樹脂粘土「モデナ」など、作り手から愛される数々の手芸素材で知られるブランド。PADICOのウェブサイト内「Recipes」ではさまざまな作品レシピを公開中。
https://www.padico.co.jp/recipes/

 

用意するものはこちら

・UV-LED レジン 星の雫 
・ソフトモールド(丸プレート)
・ホールメイカー
・UV-LED ライト
・調色スティック
・お好みのドライフラワー(今回は、かすみ草を使用)
・スティックパーツ
・ピアス金具(またはイヤリング金具)
・9ピン(長さ40㎜)
・丸カン(3㎜)
・はさみ
・定規
・平ヤットコ
・丸ヤットコ

レジンでパーツをつくる

レジンでつくるパーツに、ビーズのような穴を簡単にあけることができるシリコン製の「ホールメイカー」より、L字部分をはさみで図のように切り取ります。

切り取ったL字を2㎝にカットします。定規などで測り、なるべくぴったりになるように注意してカットしてください。

「ソフトモールド(丸プレート)」に、「UV-LED レジン 星の雫」を少量入れ、調色スティックで、薄い膜を張るように端まで広げます。
UV-LEDライトで30秒照射します。

L字の棒を写真のように置き、レジンとドライフラワーをふちまで入れます。

棒が浮き出てこないように調整し、UV-LEDライトで1分照射します。

モールドを人肌まで冷ましたら、パーツを取り外します。

L字部分を写真のように平行に伸ばし、ゆっくりと5㎜ほど引っ張り出します。
このとき、抜き取ってしまわないように注意してください。

L字の棒まわりの凹んだパーツ部分にさらにレジンを入れ、調色スティックなどで全体にレジンを伸ばして形を整えます。UV-LEDライトで1分照射します。

パーツと金具をつなげる

調色スティックなどの先端で反対側の穴をあけ、ホールメイカー(棒)を抜き取ります。

穴に9ピンを通します。

丸ヤットコで、9ピンの先端を丸くします。

平ヤットコで、丸カンとピアス金具(またはイヤリング金具)、スティックパーツをつなげたら、できあがり。

お花とスティックパーツの組み合わせが、大人可愛い印象の「プレートビーズピアス」。
中に封じ込めるドライフラワーや色味のバランスをお好みでアレンジして、ぜひつくってみてくださいね。ピアスだけでなくイヤリングでもつくることができるので、手づくりのプレゼントとしてもおすすめですよ。

 
ソフトモールドなど材料の詳細については、PADICOウェブサイトをご覧ください。

PADICOの製品情報はこちら

 
編集 / 西巻香織