“わたしらしく”着こなせる、2wayワンピース

以前からファンだったSpoon storeさん。今回、minneに出店されたことをきっかけに、さっそくワンピースを購入しました。重ね方次第でロングシーズン着用できるので「何に合わせようかなあ」と考える時間もたのしい1着です。

おかえり
真顔ができないminneスタッフ。ライブハウスと古着屋さんに溢れた街が好きです。

わたしらしくたのしむ

・Spoon storeさんの君らしく着られるワンピース

シンプルな中に、ちょっぴり個性がプラスされたようなデザインの洋服が大好きです。
そんなわたしの好みにぴったりのワンピースに、思わずひと目惚れしてしまいました。

作品名は「君らしく着られるワンピース」。実際に身につけてみると、この作品名の意味がよくわかります。中に仕込む洋服次第でコーディネートの表情ががらりと変化。
まさに「わたしらしく」着られるワンピースなんです。

Spoon storeさん
ヴィンテージの医療用ガウンとしてつくられた”サージカルワンピース”をモチーフに製作しました。まさに“君らしく”さまざまな着こなし方ができるので、ワンピースを着るのはちょっと恥ずかしい…と思っている方にもぜひチャレンジしてほしいアイテムです。

やさしいナチュラルな色味なので、どんな洋服とも合わせやすいところもお気に入り。歩くたびに裾のスリット部分がゆらゆらと揺れ動くので、ボトムのレイヤードもたのしんでいます。
Spoon storeさんにおすすめのコーディネートをうかがってみました。

Spoon storeさん
前後どちらを前にしても着られる2way仕様になっています。気分によって羽織って着てみたり、付属のリボンをウエストに巻いてアレンジしたり、ぜひ自分らしく着こなしてみてください。

印象を変えたいときに

ということで、さっそく前後逆に着用してみました。
リボンデザインの方を前にするとフェミニンな印象ですが、後ろにすればすっきりと綺麗めに見えて、まるで別の洋服を身につけているような気分になります。

これからの季節はワンピースの下にタートルネックニットや、プリーツスカート、ベレー帽を合わせてガーリーに、春はTシャツやデニム、キャップに、ワンピースをアウターとして羽織りボーイッシュに着たいなあ、とさっそく妄想中です。

「Spoon store」さんのギャラリーはこちら