11月後半のおでかけ

11月後半に開催されているイベントの中から、展覧会や個展など、アートにまつわるものをご紹介します。 ※現在、外出自粛の要請が出ている地域もあります。地域外のみなさまもお出かけの際は注意とマナーをご留意ください。また、急な開催中止も予想されるため、各イベントのホームページをご確認いただき、中止の場合にはぜひクリエイターのみなさんや主催のみなさんにあたたかいお声がけなど、どうぞよろしくお願いします。

風景の色 景色の風 / feel to see

minä perhonen(ミナ ペルホネン)を象徴するテキスタイルにフォーカスし、デザインプロセスや背景にある物語を垣間見ることができる展覧会です。モチーフに込めた世界観を映像にして表現し、景色や吹く風、光を感じることができる演出が用意されます。テキスタイルや映像のインスタレーションを通して、これまでとは違うそれぞれのテキスタイルの魅⼒とその可能性、デザインに込められたストーリーや背景をたのしむことができます。

風景の色 景色の風 / feel to see
場所:スパイラル/東京都港区南青山5-6-23
期間:11/7(土)〜12/1(火) 11:00〜20:00
休館日:会期中無休
入場料:無料
HP:https://www.mina-perhonen.jp/exhibition/feeltosee/

ヘルミッペ 個展「密林」

イラストレーション、ミュージックビデオ、VJ、刺繍、ブロックチェーン、デバイス開発、モジュラーシンセの製作など多方面で活躍しているヘルミッペ氏。場所を選ばずスマートフォンで描けるドット絵の表現方法を模索しているアーティストです。本展のタイトル「密林」は、作家がコロナ禍において自宅での作業が増え、机まわりが道具や機材、制作した作品などで埋め尽くされていく状態、それと同時に、植物や虫などの自然環境に思いを馳せている様を表しています。新旧合わせて約40点のリソグラフや平面作品から成る幻想空間をおたのしみください。

ヘルミッペ 個展「密林」
場所:亀戸アートセンター(KAC)/ 東京都江東区亀戸9-17-8 KKビル101
期間:11/6(金)〜11/29(日) 平日 15:00〜21:00、土日 13:00〜18:00
定休日:月〜水曜、祝日
入場料:無料
HP:https://kac.amebaownd.com/posts/

Boojil Exhibition

イラストレーターBoojil氏が、人の名前を元に、世界でひとつのネームアートを描くプロジェクト「ONLY ONE NAME」。 名前の由来やエピソードからイメージをふくらませ、 1点1点異なるモチーフや色の組み合わせで作品に仕上げます。 今回は、ことばを集めた新作と、 これまで描いてきた名前作品の中から200点を集めて展示。 会期中、名前作品のオーダーも承ります。

Boojil Exhibition
みんなのなまえ展
場所:にじ画廊/東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10
期間:11/12(木)~11/24(火) 12:00~20:00
定休日:水曜
入場料:無料
HP:http://nijigaro.com/exhibition.htm

いろ・えんなもの。 ~色鉛筆画展~
eri solo exhibition

おいしいものや魅かれたものを描く、色鉛筆画作家のeriさんによる個展です。「題材をまっすぐに見ていただきたく、背景を描かないスタイルが特徴です。今年で5回目となる個展のタイトル『いろ・えんなもの。』は、縁あって描いた題材と色鉛筆とを繋ぐ言葉として選びました」と、eriさん。色鉛筆の表現の豊かさに触れてみてはいかがでしょうか。

いろ・えんなもの。 ~色鉛筆画展~
eri solo exhibition
場所:ギャラリー イロ/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-37-7 榎本コーポ101
期間:11/13(金)〜11/15(日) 12:00~18:00
定休日:会期中無休
入場料:無料
HP:https://1-6.jp/eri-solo-exhibition2020/

O’Tru no Trus Exhibition
『Circulate』

各地の海で見つけた漂着物と真鍮の飾りを合わせた作品を生み出す、種村太樹氏と尾崎紅氏のアートユニット O’Tru no Trus(オートゥルノトゥルス)。モノの見方や価値観を解放するかのような、想像力あふれる作品を目のあたりにすると、表現することへの気負いのない姿勢がポジティブに映るはずです。自由なクリエーションをぜひおたのしみください。

O’Tru no Trus Exhibition
『Circulate』
場所:Community Store TO SEE/京都府京都市中京区衣棚通竹屋町上ル玉植町244
期間:11/7(土)〜11/23(月) 11:00〜19:00
定休日:火曜(不定休あり)
入場料:無料
HP:http://t-o-s-e-e.jp/exhibition

KYOTO STEAM 2020 国際アートコンペティション スタートアップ展

2022年に開催されるフェスティバル「KYOTO STEAM-世界文化交流祭-2022」のコアプログラムである、国際アートコンペティションのスタートアップ展です。美術家や映像作家、メディア・アーティストなど多彩なジャンルのアーティストが、伝統産業から最先端技術まで、さまざまな分野の企業・研究機関の持つ、素材・技術・知見等を活用して制作した作品で構成される、日本で類を見ない展覧会です。アーティストと企業・研究機関のコラボレーションによって切りひらかれるアート×サイエンス・テクノロジーの可能性をぜひ体感してみてくださいね。

KYOTO STEAM 2020 国際アートコンペティション スタートアップ展
場所:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ/京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
期間:10/31(土)〜12/6(日) 10:00〜18:00
休館日:月曜 ※祝日の場合は開館
入場料:一般 1000円、中学生以下無料
HP:https://kyoto-steam.com/program/event01/