新作おしえてvol.17「IllustCodeさんの新作、おおきなヒグマのおおきなスマホリング」

この連載では、作家さんにSNSで「新作」を募集。編集部の目にとまった素敵な作品を、制作の背景と交えてご紹介していきます。第17回目にご紹介するのは、IllustCodeさんの新作、おおきなヒグマのおおきなスマホリングです。

作り手は、IllustCodeさん

IllustCode
透明水彩絵の具を中心に、にじみやぼかしを用いた、やさしく、ぬくもりのある作品を制作。
https://minne.com/@illustcode

 

IllustCodeが生まれるまで

高校生のころ、IllustCodeさんは衝撃的な1冊と出会います。
それは、絵画や詩の優れた才能に恵まれながらも、17歳で夭折した山田かまちさんの詩画集。その独特な色使いや、大胆なタッチの心奪われ、見よう見まねで詩や人物画、抽象画を描いてみたのだといいます。

IllustCode
絵を描くことがたのしくて、日常の一部になりました。実際に絵を描くだけではなくグッズを販売してみようと思い立ち、イベントでポストカードなどを販売してみたものの、思うようには売れず挫折してしまったのを覚えています。 その後、ウェブ制作会社に入社してからは忙しくなり、イラストを描く機会はなくなりました。

ウェブ制作会社で培った技術を活かして、アニメーションを制作。
IllustCode
入社から数年たった頃、パッケージデザインを手がける会社のサイト制作に携わったのですが、その会社の手がけるイラストを用いたパッケージ作品がすごく魅力的だったので、自分でも久しぶりにイラストを描いてみたくなり、ペンを手にとったんです。

IllustCode
ウェブ制作で培ったデザイナーの視点からどうぶつのイラストを描いてみると、昔とはちがう絵が描けることに気づいて。「次は、こんなものもつくってみよう」とアイデアがたくさん浮かび、現在の活動に至ります。

素材とイラストの化学反応

IllustCodeさんが描くのは、どうぶつたちの“一瞬”を切り取った姿。
「愛想笑いが上手にできない不器用などうぶつたちの、哀愁あふれる佇まいをおたのしみください」というように、どこかシュールでお茶目などうぶつたちがたまらく愛おしい作品ばかりです。

IllustCode
最初は紙に描くことで満足したんですが、描いたイラストをいろんなものにプリントしたり、線画に変換してレーザーカッターで削ったり、プリントした布をミシンで縫ったりするうちに、紙から生まれたイラストが木・革・布・プラスチックなど、異なる素材と起こす化学反応まで想像しながらイラストを描くようになりました。

さまざまな柄の日本猫が描かれた、日本猫とメンフィスのスマホケース」。
IllustCode
スマホケースはカメラ穴、指紋認証穴に対してデザインが同じ効果を発揮できるように、機種ごとに絵柄の配置をやり直しています。手帳型スマホケースは帯を閉じたときに絵柄が合うようにしたり、帯を閉じたときだけ文字が現れるなど、帯周りのデザインには特にこだわっています。

「森や海、空でたくましく生きるどうぶつをいつも近くに感じてほしい」という思いを込めて制作された2021年のカレンダー
。絵画のように飾ってたのしみたい作品。
IllustCode
また、絵柄を使ったアニメーションを制作して作品説明に載せています。絵柄に託したストーリーを感じていただくことで、より愛着を感じていただければうれしいです。

そんなIllustCodeさんの新作をご紹介します。

新作は、おおきなヒグマのおおきなスマホリング

IllustCode
絵柄に合わせてアクリルをカットしたスマホリングをつくろうと思い、粘着シートの形や大きさからヒグマの絵柄を採用しました。実際にスマホに貼り付けてみると、想像以上に迫力があり、自分でも気に入っています。

IllustCode
作品を制作するときは「そこになぜそれがあるのか」を考えてひと筆ひと筆を描いています。ただ描くのではなく、線や滲みに意味を与えるつもりで大切に描きすすめています。

逆に必要性を説明できないものは取り除けないか検討します。どうしても足し算による描画をしてしまいがちなので、引くことができるものはないか途中で必ず立ち止まってみるんです。

最後に、記事を読んでくださったみなさんに向けてメッセージをいただきました。

IllustCodeさんのアトリエの壁。動物たちをモチーフにしたアイテムが、ところ狭しと飾られている。
IllustCode
毎日の生活の中で、大切なものを収納する際に「信頼のおけるケース」として選んでいただけるようにこれからも制作を頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

おおきなヒグマのおおきなスマホリングはこちら


連載「新作おしえて」はSNS連動企画です。minne作家のみなさんは、TwitterまたはInstagramにて「#新作おしえて」「#minneとものづくりと」の2つのタグをつけ、新作画像と作品URLをつけてぜひご投稿ください。

募集の詳細を見る

文 / 堀田恵里香