佐賀のやきものでアクセサリーを。「やきものの里」肥前の、窯元をめぐる。<嬉野・有田 編>

【PR】日本遺産に認定されている『肥前やきもの圏』。400年以上にわたって“やきもの”の伝統や技術、そして文化が受け継がれてきた佐賀県と長崎県の一部地域です。今回「minneとものづくりと」では、その肥前の窯元で生まれた陶片やパーツを使って新たな作品づくりを行う、という試みを作家さんとともに実現しました。最終回の今回訪れたのは、「嬉野」「有田」の窯元です。

400年以上前から引き継がれるもの

佐賀県の肥前で、400年以上も続く“やきもの”の技術・文化。
それぞれの背景や技法、仕上がりの特徴は実にさまざまですが、長きにわたって、いくつもの窯元で大切に受け継がれてきたものであることに変わりはありません。

中でも、唐津・伊万里・武雄・嬉野・有田の5地域が集まるプロジェクト「HIZEN5」と、minneがコラボレーションすることで、やきものの新たな可能性を検討することとなり、窯元の技術と作家さんのアイデアを掛け合わせたいくつもの共作が誕生しました。

ひとつひとつは小さな作品ですが、この融合に大きな感動と可能性を感じています。

そんな期待を胸に、この秋、はるばる佐賀の地を訪ね、いくつもの窯元さんを巡らせていただくことができました。

嬉野「224porcelain」

スタイルにとらわれることなく、新たなデザインを取り入れ、幅広い年齢層から注目を集めている嬉野の『肥前吉田焼』。

まさにそんな「型にはまらない」活躍をされているのが、「224porcelain」の辻諭さんです。

【224shop+saryo】というショップ兼カフェも営まれていて、2Fのショップでは224porcelainのプロダクトを中心に さまざまなアイテムをそろえており、1Fのsaryoでは嬉野茶と佐賀・嬉野のお菓子を224porcelainの器でいただくことができます。

辻諭さん
まだまだこの地域のやきものは有名ではないんです。だからこそ何にでも挑戦しやすい、これは、ここだけの“特権”だと思っているんです。

肥前吉田焼窯元会館などに設置しているガチャポン用(マグネット)のパーツも制作。

ショップに並ぶ、色鮮やかで美しい器たちには、思わずうっとりさせられます。
もちろん作陶にも並々ならぬこだわりがあることが、工房からも作品からも見て取れます。

そんな工房には、なんと3Dプリンターが。
そこはいわゆる「窯元」とはちがい、パソコンや機材が並んだ整頓された空間。

辻諭さん
ここでは、3Dプリンターを使った型づくり、そしてその型を使った器をつくっている場所なんです。3Dプリンターが発売されてすぐのころ、「これは今後のやきものづくりに革命を起こすにちがいない!」と見込んで、すぐに独学で技術を習得したんですよ。

今回の共作では、陶片やすでに用意のあるパーツではなく、その3Dプリンターの型作りからはじめていただくこととなりました。
コラボしたのは、アクセサリー作家のLamipasさんです。

Lamipasさんの頭の中にあるイメージにすこしでも近づけるため、2人のやりとりはデザインの詳しい設計を辻さんに伝えるところから始まりました。

そうして完成したのが、一見やきものには思えない、緻密で白が美しいケーキモチーフのブローチたち。

辻諭さん
いろんな伝統工芸ある中で、磁器ほど自由度が高いものはないと思っているんですよ。だからこそ、常に新しい表現方法に挑戦したいと思っているので、今回はとてもいい機会になりました。1人でも多くの方に手にとってもらえることを願っています。
嬉野「224porcelain」

有田の「文翔窯(ぶんしょうがま)」

普段使いの食器から美術工芸品まで、400年以上前から幅広く生み出し続けている「有田」は、まさにやきものの名産地です。

お父様の代から使われているという「文翔窯」さんの工房にもお邪魔しました。
有田焼の技術で幅広いものづくりを手がけられています。文房具からインテリアの一部、オブジェなどラインナップはさまざま。

「文房具をはじめ、今つくっているもののほとんどは、父親がはじめたものなんですよ」と語ってくださってのは、森田文一郎さん。有田焼の美しい絵付けも手がけられています。

工房には、太さや毛質の異なる筆をはじめ、数々の道具がずらり。
幅広いカテゴリーの作品を制作されている中、そのほとんどすべての工程を一貫して自分たちで手がけられているというから、おどろきです。

特に神経を使うのが「ボールペンの生地づくり」だといいます。

森田 文一郎さん
ボールペンのように、細くて長いものは、生地が歪んでいるとその時点で使えませんし、ネジで閉めるものですから、寸分の差も許されないんですよ。

これには一同納得。繊細で細やかな技術が光ります。

森田 文一郎さん
普段、身につけていただいたときに、ふと有田焼を感じてもらえたらいいなと思います。会話の中で「それどこのアクセサリー?」「実はこれ、有田焼なの」「すごい!」って。そんなふうに会話をたのしんでもらえたら幸せですね。

コンセントカバーも美しい絵付けの技術で優雅な雰囲気に。
数百年前の古伊万里の柄なども、絵付けの参考にされているのだそう。

森田 文一郎さん
器だけでなく、日常で目につくものを、焼きものに変えていきたいという想いがあります。「こんなものが焼きものだったらおもしろいやろな」というものを、試行錯誤して形にしていきたいですね。
有田「文翔窯」

有田「陶悦窯(とうえつがま)」

最後にご紹介するのは、複数の窯を持つ大きな窯元「陶悦窯」さん。

特別に、中をじっくりと見学させていただくことに。
多くの職人さんたちがずらりと横一列に並び、型取りなどそれぞれの作業をされています。
また、別の作業場では、美しい所作で絵付けが次々とほどこされていく様子が。

できあがった器たちを高く積み上げ、棚のようにして窯に入れます。大変な重さですから、なかなかの重労働です。

外に出て見上げると、「陶悦」と記された高い高い煙突が、わたしたちを見下ろしていました。

有田「陶悦窯」

有田焼の複数の窯元からも、陶片をたくさん譲り受けました。
大きなものから、細かく砕かれたものまで、色も形も実にさまざまです。

簡易金継ぎでアクセサリーづくりを手がけるichiさんが、そんな陶片と天然石を金継ぎで融合させ、美しいピアスを完成させてくれました。
さりげないのに、しっかりと魅力を放つ、特別なアイテムが完成しました。
「実は、有田焼なんだよ」という会話は、間違いなくどこかで交わされることとなりそうです。

引き継ぎ、そして新たな文化をつくる

これまでの歴史と伝統を重んじ、たしかな技術と信念を引き継ぐということは、決して「このまま」を続けるということではなく、「これから」のために新たな可能性を探り続け、いつまでも活気ある産地であり続ける必要がある、ということを窯元のみなさんの姿勢に気付かされることとなりました。

これから、もっともっと「やきもの」を好きになる。
そんな予感で胸がいっぱいの旅となりました。

特設ページはこちら

文 / 中前結花、堀田恵里香、西巻香織   撮影 / 真田英幸・中村紀世志
企画・ディレクション / 中村瑛美里・中前結花