キャンプが趣味の夫に選んだ、ガス缶レザーカバー

わたしが昇進した際、いつも仕事の悩みを聞いてくれた夫に「ありがとう」の気持ちを込めてガス缶のレザーカバーをプレゼントしました。シンプルながらも細部までこだわり抜かれたデザインに、惚れ惚れしてしまう作品です。

まいどん
猫が好きなminneデザイナー。趣味はイラストを描いたり、写真を撮ること。

大切な人へのプレゼントに

・ONES WORKERさんのブッテーロレザーのODガス缶レザーカバー

キャンプが趣味でちょこちょこと道具を収集している夫。しかし、道具自体を彩るようなものにはほとんど手をつけていなかったので、ONES WORKERさんの「ODガス缶レザーカバー」をプレゼントしました。

ONES WORKERさん
わたし自身、キャンプが趣味で、道具の邪魔をしないシンプルなカバーがほしいと思い、制作した作品です。
ランタンやストーブにつけたOD缶(アウトドア用のガス缶)カバーは、通常、装着したまま就寝しそのまま朝を迎えます。キャンプ場などの環境ではテーブルの上が夜露などで濡れることがよくあるので、水滴からレザーを守れるような構造にしているほか、水シミなどを防ぎ、いつまでも綺麗な状態で使えるよう、素材選びも工夫をしました。

つややかなネイビー

カラーバリエーションはイエローやキャメルなど全12色。悩みに悩んだ結果、どんなアイテムやシーンにもスッと馴染んでくれるネイビーを選びました。レザーならではのつややかな色味に、夫も大満足の様子。

後ろには、“バッテン”の形をしたステッチがほどこされています。このさりげないデザインもお気に入りです。

実際に火を灯してみると、カバーのデザイン性の高さがさらにわかります。風景を邪魔することなく、カバーの丸みを帯びた部分がつややかに輝き、特別な時間をさらに素敵に演出してくれます。
ONES WORKERさんが考える、レザーの魅力についてうかがってみました。

ONES WORKERさん
個々に素晴らしいキャンプ道具を持つことも、集めることも、アウトドアのたのしみのひとつだと思います。世界的にみても長い歴史を持つ、革の王様として親しまれるブッテーロレザーで丁寧に縫製してつくるアイテムは、所有欲をたっぷり満たしていただける革だと思います。

これからもレザーの経年変化をたのしみながら、大切にしていきたいと思います。

「ONES WORKER」さんのギャラリーはこちら