デザイナー・GYOBAYUMIさんの「かばんの中身」見せてもらいました。

minneでご活躍中の作家のみなさんに、「かばんの中身を見せてください」とお願いしてみました。ものづくりをされる方のかばんの中には何が入っているんでしょう。今回は、GYOBAYUMIさんのかばんの中身を見せていただきました。

語り手・GYOBAYUMI
動物や植物をテーマとしたオリジナルイラストのアイテムを手がけるデザイナー。レディースアパレルブランドのデザイナーとしても活躍。
https://minne.com/@gyobastudio

GYOBAYUMIさんのかばんの中には、動物をモチーフとした小物などご自身でデザインされたアイテムがたくさん入っていました。

かばんの中には・・・

気に入ったもの以外持ち歩きたくないので、“かわいい!好き!”という気持ちに素直に従って、直感で選んだものたちばかりです。
デザイン重視で選んでしまうので、買ってみたものの使いこなせないことも多々あります(笑)。
手帳は、制作したものの販売には至らなかった非売品のサンプルを愛用しています。打ち合わせの際などに、手帳は欠かせない存在です。

【かばんの中身】

・iPad & ApplePencil
・名刺入れ
・AirPODS & AirPODSケース
・手帳
マスクケース
・充電器 &ケーブルバンド
カードケース
・財布
・ブルーライトカットメガネ & PVCケース
・ポーチ

オリジナルデザインのアイテムたち

ものづくりのコアターゲットは常に自分自身だと考えて、“自分でも普段使いたいもの”という基準でつくっているので、制作したアイテムは実際に使用しているものが多いです。
マスクが必須なご時世なので、鮮やかなブルー&爽やかなPVC素材のダルメシアン柄のマスクケースは欠かさずに持ち歩いています。カラビナを付けているので、バッグに引っ掛けることもできて便利です。

鮮やかなオレンジ色がかばんの中でも目立って見つけやすいシーラカンス柄のカードケースには、お財布に入りきらない診察券や、ポイントカードなどを入れています。

GYOBAYUMIさんの作品

ものづくりの相棒たち

iPadはちょっとした空き時間にお絵描きしたり、作業をする際の相棒です。何か思いついたときなどにササッと落書きしたり、アイデアノートの役割もしています。ケースには、韓国のお気に入り文具・雑貨ブランドのステッカーを。
赤い名刺入れは、社会人になってから今までずっと愛用しているもの。ワンポイントにリップモチーフが付いているところがお気に入りです。

いつまでも心ときめくポーチ

繊細な猫の刺繍が入ったポーチは、韓国の雑貨屋さんで購入したもの。ベロア素材なので手触りも良く、ちょうどよいサイズ感&中身も意外と入るのでお気に入りです。今でも出会ったときのときめいた気持ちを思い出して、気持ちが上がります。

ポーチの中には、リップバーム、ネイルオイル、お気に入りのリップ、練り香水、イラストを描かせていただいたkuku the catさんの缶ミラーを入れています。

2つのかばんでプライベートと仕事をわける

平日など仕事で移動する際は、大体かばんを2個持ちすることが多いです。ミニバッグに貴重品などを入れて、サブバッグとしてトートバックに仕事道具を入れています。

お休みの日は、身軽にしたいのでミニバックのみ。
その日の気分や服装に合わせてバッグを選ぶのですが、アートマガジン『TOILETPAPER』のトートバッグは、特にインパクトがあってとてもお気に入りです。

「GYOBAYUMI」さんのギャラリーはこちら

次回の作家さんのかばんの中身もおたのしみに。

編集・中村瑛美里