【季節のリース】切り花でアレンジ「シクラメンのリース」のつくり方

日比谷花壇さんに、季節のお花やグリーンを使ったリースやスワッグのつくり方をおしえていただく連載です。今回は、鉢植えのイメージが強いシクラメンを切り花としてアレンジしてつくる、華やかな「シクラメンのリース」をご紹介します。

日比谷花壇 シニアデザイナーの西澤さんにおしえていただきます。
西澤真実子さん
ギフト商品の部門でデザインのコアを担う、トップデザイナー。シンプルかつ花材の繊細な色合いにこだわったデザインを得意とし、女性的で透明感のある作風が特徴。

Instagramはこちら
プロフィール詳細はこちら

冬の花として人気のシクラメン。
年末年始のギフトとして贈られることも多い、大きな花びらの豪華なシクラメンから
庭でたのしめる小さな花びらのガーデンシクラメンまで、花色も種類も豊富な花です。

鉢植えの印象が強いと思いますが、切り花としてもたのしむことができます。
1輪の花を見つめてみると、うつむくように花を咲かせる姿は可憐そのもの。
ハート型の葉は、ひと筆ひと筆、手描きしたような模様を持ち、“見せる葉もの”としても活躍してくれます。

今回はそんなシクラメンをより間近にたのしめる、リース型テーブルアレンジメントをつくりましょう。

用意するもの

・シクラメン 1鉢
・スイートピー 3〜5本
・試験管型フラワーベース(連結タイプ)
・トレイ 1枚
・ワイヤー 適量
・花バサミ

STEP1 下準備をする

シクラメンの花と葉を鉢から摘みます。
元気に綺麗に咲いている花を選び、茎の根本をしっかりと持ち、ゆっくりとひねりながら抜き取るように摘みましょう。葉も同様にします。
はさみを使うと雑菌が入り、病気になりやすくなってしまうので手で摘むことがポイントです。
花も葉も同じ大きさではなく、大小混ぜて摘むとアレンジをしたときにリズム感が生まれますよ。

摘んだ花と葉は、茎を花バサミで斜めにカットして、水につけておきます。

トレイに、試験管型フラワーベースを輪になるように並べ、水を入れます。

ワイヤーを試験管の中に入るくらいの大きさにくるくるとランダムに丸めて、花留めをつくります。花留めの上に活ければ、シクラメンの丈が短くても気になりません。

STEP2 アレンジをする

まずは、シクラメンの葉を活けます。
試験管型フラワーベースの淵くらいの高さで、わずかに高低差がつくように活けていきます。
葉のサイズや向き、入れる間隔がランダムになるように配置しましょう。

次に、スイートピーを活けます。
スイートピーも高低差をつけて活けましょう。
長いまま使うものと短く使うものとで、いくつかのパーツをつくり、数カ所に活けます。

茎を短くカットするときは、茎の断面が広くなるよう、斜めにカットしましょう。

最後に、シクラメンの花を活けます。

高低差をつけて、花がいろいろな方向を向くように活けると奥行きを演出することができますよ。

形を整えたら、完成です。


テーブルでたのしむアレンジなので、上から見ても横から見てもきれいな仕上がりになるよう、いろいろな角度から見てバランスを調整しましょう。

試験管型フラワーベースがない場合は、小さめのグラスを並べてもかわいらしいアレンジメントをつくることができますよ。
ぜひ、挑戦してみてくださいね。

「毎日を彩るライフスタイル」をお届けする日比谷花壇の定額制サービス
“ハナノヒ365days”がスタートしました。

日比谷花壇のウェブサイトを見る

編集 / 西巻香織