押し花でつくる「花びらのボタン型リング」

バラの押し花でつくる「花びらのボタン型リング」のレシピをご紹介します。指先に華やかなワンポイントを添えて、冬のコーディネートをたのしんでみてはいかがでしょう。

レシピ提供:SiS flower jewelry
撮影:パジコ
UV-LED レジン「星の雫」や樹脂粘土「モデナ」など、作り手から愛される数々の手芸素材で知られるブランド。PADICOのウェブサイト内「Recipes」ではさまざまな作品レシピを公開中。
https://www.padico.co.jp/recipes/

 

用意するものはこちら

・UVレジン 太陽の雫(UV-LED レジン 星の雫 ハードタイプでも可)
・宝石の雫(ホワイト)
・刺繍糸
・バラの花びら
・接着剤
・乾燥シート
・UVライト(UV-LEDライトでも可)
・調色スティック
・調色パレット
・リング(台付き)金具
・ソフトモールド(ボタン)
・本(重しとして使用)
・ピンセット
・カップ(注ぎ口があるもの)

花びらのパーツをつくる

バラの花びらを乾燥シートと本の間に挟み、重しをのせて5〜7日ほど乾燥させ、押し花をつくります。

ソフトモールドに「UVレジン 太陽の雫」を薄く入れ、UVライトで30秒ほど照射します。

押し花にした花びらをピンセットでつまみ、ソフトモールドに配置します。

花びらを覆うように、「UVレジン 太陽の雫」を入れ、UVライトで2分照射します。

ボタン型をつくる

カップに「UVレジン 太陽の雫」を入れ、「宝石の雫(ホワイト)」を1〜2滴加えて、調色スティックでよく混ぜます。

ソフトモールドに流し入れ、UVライトで2分照射します。

ソフトモールドごと裏返し、さらに2分照射し、熱が冷めたらゆっくりと取り外します。

リング金具を付ける

刺繍糸をボタンの穴に通し、裏側でしっかり結びます。

ボタンの裏側に接着剤を塗り、リング金具を付けます。

できあがり。

花びらの重なりや色味が美しい、世界にひとつだけの「花びらのボタン型リング」。お好みのお花でつくれば、愛着も一層アップしますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

 
UV-LED レジン「星の雫」など材料の詳細については、PADICOウェブサイトをご覧ください。

PADICOの製品情報はこちら

 
編集 / 西巻香織