どんな料理にも馴染む、オーバルプレート

家にいる時間が増え、ほぼ毎日自炊をするようになりました。さっとつくったものでも素敵なお皿に盛り付ければより満足感を得られそうだなと思い、出会った2枚のお皿をご紹介します。

あゆ
minneスタッフ。大好きなお土産は鳩サブレ。

食卓に映える、やさしい白

・加藤五郎商店さんのライン オーバルプレート

料理をたのしんでいると、素敵な器が欲しくなってくるもの。家の食器棚を見て「丸いお皿しか持っていない」ということに気づき、前から気になっていたオーバルタイプのお皿を探すことにしました。

まず出会ったのは、加藤五郎商店さんのやさしい白のお皿です。マットな質感と、リム部分にほどこされたライン模様に目を奪われました。白ならどんなお料理にも合いそう!とすぐに購入を決めました。

加藤五郎商店さん
この「ラインシリーズ」は“いつもの食卓に馴染み、お料理をおいしく見せてくれる器”がコンセプトです。お料理を囲むことでリム部分の凸凹の印象が変化します。また、柔らかい白をベースに、貫入(かんにゅう)と呼ばれる細かいひび模様が入っているので、使ううちに経年変化していく様子もおたのしみいただけます(逆になるべく白い状態を維持したい場合は、使う前に水に浸してから使うと色染みがしにくくなりますよ)。いつもの丸い皿や鉢に混ぜて使うことはもちろん、ほかの和食器やエスニックな雰囲気の器などと組み合わせるのもおすすめです。日々の生活に寄り添う器となればうれしいです。

淡い水色にひと目惚れ

・tougeigohanさんのリム付きオーバル皿 水色

そしてもうひとつ、淡い水色のお皿もお迎えしました。ふちに錆色(さびいろ)の釉薬がかけられているので、シンプルながらも、ちょっぴり個性的な一品。全体を引き締まった印象に見せてくれます。

tougeigohanさん
このお皿は、洋風の料理だけでなく、和洋中何にでも合わせやすいオーバル皿があれば良いなと思い、つくりました。食卓になじむようにやさしい水色を目指し、また、料理が映えるようにリムを大きくデザインしています。ポイントは釉薬の色です。ミント色に近い水色は「青白磁」をイメージして何度も試作しました。ふちには鉄釉をほどこし、黄色い滲みをアクセントにしています。ふちの錆びや色の濃淡といった、器の表情をたのしんでいただければうれしいです。

どちらもパスタやカレーにちょうどいいサイズで、煮物などの和食も映えるので重宝しています。買ってきたお菓子を並べるだけでもまるでカフェのような雰囲気を演出してくれるので、気分が上がります。
minneには、本当にさまざまな種類のお皿が揃っているので、次は和皿が欲しいなあと思いながら毎日「陶器カテゴリー」を眺めています。

「加藤五郎商店」さんのギャラリーはこちら
「tougeigohan」さんのギャラリーはこちら