ユニークなミニチュア和菓子「みたらし団子ネックレス」の作り方

UV-LEDレジンと樹脂粘土を使って、香ばしい焼き色がついたおいしそうな「みたらし団子」のミニチュアネックレスを作りましょう。

レシピ提供・撮影:パジコ
UV-LED レジン「星の雫」や樹脂粘土「モデナ」など、作り手から愛される数々の手芸素材で知られるブランド。PADICOのウェブサイト内「Recipes」ではさまざまな作品レシピを公開中。
https://www.padico.co.jp/recipes/

 

必要な材料はこちら

・UV-LED レジン 星の雫(ハードタイプ)
・レジン用着色剤 宝石の雫(イエロー、ブラウンを使用)
・樹脂粘土 モデナ(ホワイト)
・UV-LEDライト(UVライトでも可)
・調色スティック
・調色パレット
・アクリル絵の具(ブラック。油性ペンでも可)
・クリアホルダー
・マスキングテープ
・平ヤットコ
・ネックレスチェーン
・丸カン
・9ピン(40mm)
・接着剤
・つまようじ

粘土でお団子を作る

樹脂粘土「モデナ」を取り、8mm玉を3つ作ります。

9ピンの1玉分の場所に、つまようじで接着剤を付けます。

9ピンに8mm玉をさします。1玉分ずつ接着剤を付けながら、3玉すべてさします。

そのまま1日程度、乾燥させます。

レジンでみたらしを作る

アクリル絵の具のブラックをスポンジの上に軽く出し、8mm玉に焦げ目を付けます。(油性ペンでも可)

調色パレットに約1gほど、UV-LEDレジン「星の雫」を出し、レジン用着色剤「宝石の雫」のイエローとブラウンをそれぞれ1滴ずつ入れます。

調色スティックでよく混ぜます。

ネックレスパーツを付ける

クリアホルダーを敷き、その上にマスキングテープでお団子パーツを固定します。先ほど混ぜたレジンを調色スティックでお団子パーツの上にのせます。

UV-LEDライトで1分、照射します。

みたらし餡が艶やか。

丸カンとネックレスチェーンを平ヤットコでとめます。

できあがり。
甘じょっぱい、いい香りがただよってきそうな「みたらし団子ネックレス」。アクセサリーのパーツを変えて、ブローチやピアスにしても◎。ぜひ作って身につけてたのしんでみてはいかがでしょうか。
 
UV-LED レジン「星の雫」など材料の詳細については、PADICOウェブサイトをご覧ください。

PADICOの製品情報はこちら

 
編集 / 西巻香織