親子でたのしめる、しろくまの絵本

子育て情報誌でふと見かけたときから、ずっと「かわいいな」と思っていたsericoさんのイラスト。minneでもsericoさんが描く絵本が販売されていることを知り、3歳を迎える娘にプレゼントすることにしました。

あやこ
minneのディレクター。最近は、趣味のアートコレクションを飾れる家づくりに邁進中。

手にとるだけで癒やされる

・リトルコチカさんの絵本「しろくまとわたりどり」

ディレクターのHayashiさんとイラストレーターのsericoさんによるクリエイティブユニット、リトルコチカさんが手がけている「しろくま絵本シリーズ」。4冊あるうちでもいちばん季節感が合いそうな「しろくまとわたりどり」を購入しました。

手に取ると、大人のわたしでさえも思わずキュンとしてしまうほどのかわいらしさ。子どもでも持ちやすいコンパクトなサイズ感もいいなと思いました。

リトルコチカ
絵本を読んでいないときはインテリアとして飾れるように、表紙の色やデザインにもこだわっています。また、絵本ではありますが、大人の方にもたのしんでいただけるように特に対象年齢は意識せず制作しています。

娘もお気に入りの1冊に

娘は3歳になるところで、少し長めのお話も聞いていられるようになっていたので、タイミング的にもばっちりでした。

娘は、絵本だけではなく、カフェでのティータイムやお買いもの、アニメなどから影響を受けて、それが行動や遊びに反映されるのですが、この絵本を最初に読み聞かせたあとは「いきもの図鑑」を引っ張り出してきてよく眺めていました。(しろくまくんが図鑑でとりを調べるシーンがある)
ほかにも印象的なシーンがいくつかあるので、もう少しお姉さんになったらまた違うところが気になるんじゃないかなと、いまからワクワクしています。

リトルコチカさん
「しろくまのいる生活シリーズ」は、読んでくださる方の日常生活にそっと溶け込めるような作品であってほしいという想いがあります。シリーズを通じて、日々の中にささやかなたのしみや癒しが増えたらうれしいです。

我が家は、親に読んでほしい本を娘が本棚から自分で取ってくるスタイルなのですが、ちょこちょここの本持ってくるので本人も気に入っているみたいです。これからも大切に読み聞かせていきたいと思います。

「リトルコチカ」さんのギャラリーはこちら