【季節のリース】華やかな色使いが魅力「カーネーションとバラのリース」の作り方

日比谷花壇さんに、季節のお花やグリーンを使ったリースやスワッグの作り方をおしえていただく連載です。今回は、この時期贈りものとしても人気の「カーネーション」と「バラ」を使った、ピンクベースの華やかなリースの作り方をご紹介します。

カーネーションとバラのリースの作り方

 

日比谷花壇 シニアデザイナーの西澤さんにおしえていただきます。
西澤真実子さん
ギフト商品の部門でデザインのコアを担う、トップデザイナー。シンプルかつ花材の繊細な色合いにこだわったデザインを得意とし、女性的で透明感のある作風が特徴。

Instagramはこちら
プロフィール詳細はこちら

「母の日」という印象が強いカーネーション。赤やピンクを思い浮かべる方も多いと思いますが、アンティークカラーやバイカラー、しぼり模様が入ったような品種の人気も高まっています。丈夫で長持ちするところもうれしいポイントです。
今回はそんなカーネーションにバラを合わせたフレッシュで華やかなリースを作ります。

カーネーションは、黄色みがかったグリーンに紫色のすじ模様が入った「レディシーン」を使用します。コロンとした花がかわいいスプレーバラ「ラディッシュ」に加えて、黄色のスカビオサも合わせて、初夏を感じる爽やかな彩りに仕上げましょう。

必要な材料と道具

右から順に、
・カーネーション「レディーシーン」 7本
・スプレーバラ 「ラディッシュ」1~2本
・スカビオサ(黄色) 3本
・トキワイチゴ 3本
・リース型バスケット 1個
・吸水スポンジ
・ラフィアなど(ハンギング用です。お好みの長さでご用意ください)
・花ばさみ

STEP1 吸水性スポンジをセットする

大きめのボールなどにたっぷりと水を張り、リース型バスケットのサイズに合わせて、カットした吸水性スポンジをそっと浮かべて水を吸わせます。
上から水をかけたり、無理やり水の中に沈めようとすると水を吸いにくくなるので注意しましょう。

水を吸わせた吸水性スポンジをバスケットに並べます。バスケットのふちの高さと同じくらいになるように調整してください。

STEP2 カーネーションを配置する

まずは一番大きい花のカーネーションからアレンジします。
茎の長さが4〜5㎝くらいになるように花ばさみでカットしましょう。

このとき、茎は斜めにカットしてください。斜めにすることで水を吸い上げる力がアップします。

茎を手で持ち、スポンジに1回でしっかりと挿します。バスケットのふちギリギリの高さになるように深く挿しましょう。
スポンジに開いた穴は戻らないので、なるべく挿し直しにならないように気を付けてください。

上から見て丸く並ぶように配置しましょう。

STEP3 スプレーバラを配置する

スプレーバラは、花の部分と葉を切り分けます。太い茎を残すようにパーツに分けましょう。
葉も美しいのでベース作りに使います。

吸水性スポンジが見えているところを隠すように、カーネーションの下にバラの葉を配置します。

花はカーネーションの間に配置します。

STEP4 スカビオサを配置する

スカビオサは、上から見たときに3本の花で三角形をつくるようにカーネーションの間に配置します。つぼみもかわいいので、間に入れましょう。

花のベースが完成しました。

STEP5 葉ものを配置して仕上げる

トキワイチゴをパーツに切り分けます。

吸水性スポンジが見えているところを隠すように配置します。内側も忘れないようにしましょう。

1mくらいにカットしたラフィアを2本、バスケットの下に通して、花の上で蝶々結びをします。

形を整えたら完成です。

今回、葉はトキワイチゴを使いましたが、香りがたのしめるミントやゼラニウムなどのハーブもおすすめです。
1日に1回、霧吹きをして、吸水性スポンジが乾かないように気を付けてください。

それでは、次回もおたのしみに。

日比谷花壇の「母の日ギフト」は5月6日が締め切りです。

母の日ギフト特集を見る

父の日ギフトもお忘れなく。

父の日ギフト特集を見る

編集 / 西巻香織