新作おしえてvol.28「glimmer globeさんの新作、ニャンズ 豆がま口」

この連載では、作家さんにSNSで「新作」を募集。編集部の目にとまった素敵な作品を、制作の背景と交えてご紹介していきます。第28回目にご紹介するのは、glimmer globeさんの新作、ニャンズ 豆がま口です。

作り手は、glimmer globeさん

glimmer globe
「使っても飾っても」をコンセプトに、どこか“遊び”を感じられる作品を制作。
https://minne.com/@glimmerglobe

glimmer globeが生まれるまで

glimmer globeさんが手仕事に興味を持ったのは裁縫や編み物が得意なお母さまの影響なのだといいます。

猫刺繍のコースター「コースニャン
glimmer globe
幼いころ、母が裁縫や編み物で洋服やセーターをつくってくれていました。わたしが興味を持つと何でも挑戦させてくれて、小学2年生のころには、母に教わりながらキルティングのナップサックを手縫いでつくったのを今でも覚えています。

手仕事のあたたみを感じられる、作品たち。
glimmer globe
自分でつくれたことのよろこび、そして、何をつくっても褒めてもらえるうれしさや、“世界でひとつだけ”という特別感がありました。それからというもの制作することは生活の一部になり、ジャンルを問わず挑戦してみるようになりました。

猫の一瞬の表情や動きを切り取った、「ぺたんこがま口ポーチ ねこ
glimmer globe
中学に入ると、デザイナーになりたいという夢を抱くようになり、今使っている「glimmer globe」という屋号もそのころに決めました。長く一緒に過ごしてきたので愛着があり今も使い続けています。

glimmer globe
本格的に布ものをつくり始めたのは高校時代です。地元の服飾科のある高校へ進学し、洋服づくりをスタート。卒業後は、文化服装学院にて服飾を基礎から学び直しました。その後は、フリーでデザイン、雑誌の手づくりページの製図、縫製等も経験。
夢を諦めた時期もあり、出産と育児で制作することから離れていましたが子どもの幼稚園入園を機に、入園グッズや発表会衣装の制作などを通じて手を動かすことのおもしろさを思い出し、また、人からよろこんでもらえることが自分のよろこびにもつながっていることを強く感じました。それからはまたたのしく針を持つ日々を送っています。

心の赴くままに、つくりたい作品を

どこかユーモアや遊び心を感じるglimmer globeさんの作品。使われている素材にも個性が光ります。制作するうえでのこだわりをうかがってみました。

名入れが可能な「ねこ刺繍 巾着お着替えいれ
glimmer globe
つくりたいものを日々ちくちくしています。「使っても飾っても」をコンセプトに、遊びを感じられるものづくりをしています。「だけど、仕立ては丁寧に」を心がけ実用的でありながら飾れるものを目指しています。毎日クタクタになるまで使ってもらえるのもうれしいですし、「もったいなーい!」って飾ってくれてもいいんです。部屋にポンと適当に置いていても、それがふと目に入るとうれしくなるような、眺めたくなるような存在を目指しています。

glimmer globe
また、長く持っていていただきたいので、上質な素材、丁寧な仕立て、手に馴染む形、使いやすさを大事にしています。実際手に取ってもらってはじめてわかることですが、安心感もいっしょにお届けできたらいいなと思っています。
服飾を専門に学び、現在は布小物を中心に製作しているのですが、そこで学んだ技術が制作に役立ってくれていると思います。まだまだ勉強中ではありますが…。

1点ものへのこだわり

glimmer globe
1点ものをつくっているのは、いつも自分がワクワクしていたいからなんじゃないかと最近強く感じています。創意工夫を図りながらつくりだすことは、わたしにとって何事にも代え難く、それをいつも体感していることがたのしくて仕方ないのです。幼少のころから感じていた自分だけのためにつくられたもの、自分しか持っていないという特別感…わたしの作品を手に取ってくださる方にも感じていただけたら幸いです。

新作は「ニャンズ 豆がま口」

4種類のニャンズ 豆がま口。白いニャンズはglimmer globeさんの愛猫がモデルなのだそう。
glimmer globe
今年の1月から猫を飼い始めて猫専用のSNSを始めたのですが、そこで知り合った方が“猫まきびし”というテトラ型のおもちゃをつくっていらしたんです。それにとても興味を持ち、これにうちの子の顔と、その方の猫の顔をつけたらかわいいだろうなと思ってつくってみました。

実際に制作された“猫まきびし”

glimmer globeさんの家で暮らしているラグドール。「ニャンズ 豆がま口」のモデルにもなっています。
glimmer globe
猫まきびし制作の途中経過がかわいくてかわいくて(笑)。ふと、これをがま口にしたら…?と、ハッとしたんです。

patchシリーズ
glimmer globe
以前から制作している“patchシリーズ”で、豆がま口をつくったことがあり、口金にこの猫をはめたらもしかしたらピッタリなのでは?と思い、上から置いてみたら、もういてもたってもいられなくなりました。
それがこの「ニャンズ 豆がま口」をつくるきっかけです。新作のアイデアはいつも自分の近くにあって、何かを遊びで制作しているときに思い付いたり発展することが多いように思います。

“あの子”を思い浮かべながら…

glimmer globe
まず、4色のフェルトを使うことを決めました。その中でフェルトの色の組み合わせやパーツの配置によりニャンズたちの特徴を出していきたいなと思いました。「ポイント」と名付けた猫はわたしが飼っているラグドールがモデルで、他の子たちも、これはあの子、これはあの子だなと身近な猫ちゃんたちを思いながらつくりました。

glimmer globe
特に“茶”は、もともと猫まきびしのモデルの猫ちゃんをそのまま使わせてもらうのもなと思い、色を逆転させてつくったものでとても愛着があります。
…結局、元の色もかわいいなと思って飼い主さんに了承を得て、その猫ちゃんのものもつくってしまったのですが(笑)。

裏面にはかわいいしっぽが。
glimmer globe
わたしは1点ものを中心としたものづくりをしていますが、いつでもご購入いただける定番のものも制作できたらいいなと思っていました。
最近は特に1点ものが多く、思いつくままにつくるので再現性をあまり気にしないのですが、今回は多少の個体差が出てくるという前提のもと、イメージと違ってがっかりさせてしまうことが無いようテンプレートをつくったりしながらできるだけ同じようにつくることを1番に考えています。

glimmer globe
がま口の内側に使用する木版プリントの布とビーズも、在庫の中である程度数が確保できるものを選んでいます。それでもなくなってしまったら同じものはできなくなるので、ときどきは新しいニャンズも仲間入りしてもらう予定です。

最後に、記事を読んでくださったみなさんに向けてメッセージをいただきました。

実は、パンダや、リボンをつけた猫ちゃんもいる、豆がま口シリーズ。
glimmer globe
はじめましての方々にも、いつも気にしてくださっている皆さまにも、わたしの作品やその背景を知ってもらうきっかけとなりとてもうれしく思っています。
わたしは1点ものを中心としたものづくりをしています。気に入った素材、気に入ったモチーフをそのときどきの手法で形にするのでそれっきりの作品も多いのですが、お名前刺繍の巾着や命名刺繍のオーダーもしていますので、ひとりひとりにとっての世界でひとつ、それぞれの思い出づくりのお手伝いもできたらいいなと思っています。あなただけの“ひとつ”が見つかりますように。
・ニャンズ 豆がま口(茶三毛)
https://minne.com/items/27103279
・ニャンズ 豆がま口(ハチワレ)
https://minne.com/items/27103444
・ニャンズ 豆がま口(茶)
https://minne.com/items/27103516

連載「新作おしえて」はSNS連動企画です。minne作家のみなさんは、TwitterまたはInstagramにて「#新作おしえて」「#minneとものづくりと」の2つのタグをつけ、新作画像と作品URLをつけてぜひご投稿ください。

募集の詳細を見る

文 / 堀田恵里香