想いを届ける“ひと工夫”。minne作品で包んで贈るバレンタイン。

手づくりのお菓子や購入したギフトのラッピングを考えるのは、楽しい反面、その素材や方法に悩んでしまうところ。今回は、大小さまざまなギフトを、minne作家さんが手がけるラッピングアイテムをつかい、想いを込めて包んでもらいました。

彼に贈りたい、コーヒーカラー

「音楽」と「コーヒー」が大好きな彼に贈るギフト。コーヒーミルがデザインされたラッピングペーパーとコーヒーカラーのロゼット・シールを用意しました。

用意したギフト

ラッピング


まずは、箱よりも少し大きいサイズの筒を包装紙でつくります。端はゆとりをもたせて、テープでしっかり止めます。

紙の端は、1〜2cm程度を中に折り込んでおくと仕上がりがきれいです。

両端を閉じたら、ラッピングペーパーを重ねて両面テープで接着。

ロゼットとシールをつければ、できあがり。

コーヒー好きの彼にぴったりな、落ち着いた色合いのギフトラッピングが完成しました。簡単な包装でも、選ぶアイテムとちょっとした工夫でこのとおり。 ロゼットの裏側はブローチになっているので、取り外せばファッションアイテムとして、いつまでも使ってもらうことができます。


メッセージが主役のギフト

普段からお世話になっている、学生時代の先生にもバレンタインギフトを。口当たりの良い抹茶クリームと大納言小豆がたっぷり入ったロールケーキを用意しました。ほっこりかわいいメッセージカードを添えます。

用意したギフト

ラッピング


あらかじめ内側に数cm折り込んでおき、箱を包んでいきます。

折り目をつけながら、テープで接着。

リボンを十字にかけます。このとき、箱の天井からはじめて箱下で十字を先につくるのがポイント。上部では十字部分でリボン結びをします。

リボン結びの中央に、両面テープでギフトリボンを接着。メッセージカードをシールで貼り付ければできあがり。

ボリュームアップさせたリボンと、かわいいメッセージガードがよく目立つラッピングです。頰がほころぶ美味しいスイーツに、日ごろの感謝を添えてプレゼント。


ペーパーバッグで、ひと工夫

お父さまにあげたいのは、コインパースだそう。「おしゃれなお父さん」にぴったりな、メッセージカードも用意しています。こちらは「ペーパーバッグ」を使って包んでいきます。

用意したギフト

ラッピング


まずは、コインパースをおさめたギフトボックスをペーパーバッグに入れて、ボックスの「高さ」を確かめます。

確認した高さに折り目をつけて、袋の端からその折り目までを1.5cmずつ波折りにしていきます。

アコーディオン状になるまで繰り返し。

もう1度箱を入れて、真ん中にリボンをかけて裏側でリボン結びをします。このとき、波折りの中央部分をホッチキスで固定すると作業がしやすくなります。

波折りの左右を扇状に広げて整えます。両面テープでペーパーリボンを接着すれば、できあがり。

簡単なステップで、見た目にも楽しいギフトラッピングが完成です。それぞれ、こだわりのアイテムを選べば仕上がりも素敵に。小物を贈りたいときに、おすすめです。


みんなに配る、おいしいギフト

最後は、職場の同僚に配りたいマフィンです。カラフルで鮮やかなスイーツは、中身が見えるクリスタルパックをつかって、かわいく仕上げていきます。

用意したギフト

ラッピング


マフィンをクリスタルパックに入れていきます。袋の口は、先に閉じます。

上部のシワに気をつけながら、波折りをつくって縛るようにタイの結び目をつくります。

タイで縛って、タグをちょうちょ結びで取り付けます。袋の角は、左右を折り曲げて底にテープで貼り付けるときれいです。

形を整えればできあがり。

カラフルなマフィンにカラフルなタグをつけて、とびっきりかわいい「スイーツギフト」の完成です。「会社に持っていくのがたのしみ!」。


あとは、2月14日を待つだけ。

ちょっとした工夫で、「特別なプレゼント」に大変身させてくれるカードやラッピングアイテムがminneにはたくさん。たいせつな人を思い浮かべながら、選んでつくる「ぴったり」のプレゼントで、素敵なバレンタインをお過ごしくださいね。


minneのバレンタイン

バレンタインのおやつギフトやラッピングアイテムがせいぞろい。minneのバレンタイン特集公開!