【猫の日企画】愛猫そっくりのスマホケースをつくってみました。

2月22日「猫の日」に開催した、minneのイベント「ミンネコ祭り」の当選者さんのお宅にお邪魔しました。ふわふわのラグドールの女の子「しるこ」ちゃんと、羊毛フェルト作家さんにつくってもらった「そっくりアイテム」の記念写真をご紹介します。

約3,000投稿が集まった「ミンネコ祭り」

2月22日にminneで開催した猫の日イベント「ミンネコ祭り」は、SNS上で愛猫の写真を投稿していただいた方の中から抽選で4名の方に、minne作家さんがつくる「愛猫そっくり」のインテリアグッズ&写真家のケニア・ドイさんによる記念撮影をプレゼントさせていただくというスペシャル企画でした。 今回は、総応募数約3,000件の中から見事当選された、ラグドールの「しるこちゃん」の作品お届け時の様子をご紹介。

羊毛フェルトでつくる、そっくりスマホケース

大好きな窓際でお迎えしてくれたしるこちゃん。ふわふわのラグドールの女の子です。Instagramに投稿していただいたお写真をもとに、作家さんに作品づくりをお願いしました。 今回しるこちゃんの作品を担当したのは、羊毛フェルト作家のgooteachanさん。猫や犬をモチーフに、味のある表情が魅力的な作品が人気の作家さんです。

さっそく飼い主さまに、プレゼントの作品をご覧いただきました。しるこちゃんも興味津々です。

「じゃ~~ん」しるこちゃんのチャームポイントであるピンク色の下唇や、淡い色の毛並みがそっくりに再現されています。

「その猫ちゃんだけが持つ表情や、まとった雰囲気を再現できるよう意識しています」と語ってくれたgooteachanさん。さすがの出来栄えです。

しるこちゃんの応募写真を見た際に、gooteachanさんは「真顔のお写真ではなく、まるで優しく微笑んでいるような目元とぷくっとした口元がとても印象的だ」と感じたそう。バランスを考えながら、丁寧につくり込まれた表情は、今にも鳴き声が聞こえてきそうなほどいきいきと表現されています。

しるこちゃん自慢のふさふさのしっぽは、イヤホンジャックで表現。ずっと撫でていたくなるようなあたたかみのある肌触りが、やさしい気持ちにさせてくれます。

自分にそっくりなスマホケースの登場に、興味深々なしるこちゃん。

世界にひとつのしるこちゃんモデルの作品の完成に、飼い主さんは「スマホケースですが、大切にインテリアとして飾っておきます」とのこと。

しるこちゃん、撮影おつかれさまでした!

羊毛フェルトでつくる、そっくりスマホケース

gooteachanさんに作品をつくる喜びをお伺いしてみました。
「制作過程はお写真でお伝えしたりするのですが、実際にお届けするまでは本当に緊張します。でも、受け取ったお客様が『そっくりで可愛い!』『頼んでよかったです』と喜んでくださると、本当に嬉しくて。」 今後は、月に2~3点ほど、羊毛フェルトのスマホケースや人形のオーダーを受け付ける予定だそう。
愛するペットをモチーフに、minneで世界にひとつだけの作品をオーダーしてみませんか。
 
 
次回は、猫の日イベント「ミンネコ祭り」で当選された飼い主さんの愛猫、マンチカンの「みかんちゃん」が登場です。mont-blanc-SRさんがつくるリアルなフェルト人形をお届けした様子をお送りします。 どうぞお楽しみに!


プロフィール

gooteachanさん

心がほっこりする羊毛フェルト作品を手がける作家さん。5月には、日本橋三越にて開催される「愛ねこ」、東急ハンズ名古屋店での受注販売などで直接お目にかかることもできます。