「minneのハンドメイドマーケット2017」こんなお店がありました<1>

4月28日・29日の2日間、東京ビッグサイトにて開催した「minneのハンドメイドマーケット2017」。今回は出店頂いた総勢1700ブースの中から、その一部をご紹介します。

たくさんのご参加・ご来場、ありがとうございました!

大型連休の幕開けとともに開催いたしました、2度目の「minneのハンドメイドマーケット」。今年も、たくさんの方にご参加・ご来場いただき、大盛況のうちに幕を閉じることができました。本当にありがとうございました!
minne mag.では当日の会場の様子を順にレポートとしてお届けします。第1弾の今回は、各ブースをご紹介。広い会場内には、総勢1,700以上のブースが。ごく一部ではありますが、当日お話をうかがうことができた作家さまの様子をお届けします。

個性豊かなブースがいっぱい

開場2時間前から作家さんたちの設営もスタート。

次々と完成していくブースに、スタッフもわくわく…

ロゴをあしらったタペストリーが目印に

こちらは、アクセサリーや雑貨を手がける造形作家「CHIMNEY」さんのブース。後ろの素敵なタペストリーがとっても目立っていました。

カラフルなマッチ棒!という、驚きのアイデアとかわいいデザインにお客さまも釘付け。


木のぬくもりを活かした、個性派作品がいっぱい

お肉…!のような、大きなブローチ。木のぬくもりを活かしたアクセサリーが人気の「marimacho」さんのブースには青々とした芝が。

「”しずく”がついたカットフルーツのブローチは、まだここでしか販売していないんです」と教えてくれたmarimachoさん。現在はminneでも購入することができますよ。こちらも要チェックです。


ココロオドル、ぬいぐるみブース

”へんてこもの製作者”こと、「むにゅ」さんのブースはとっても楽しげ。色ちがいのキャップにもキャラクターが。

全部欲しくなってしまう「魅惑の棚」に、まるでお客さまが吸い込まれるかのよう。

左の、スナック菓子を持ったキュートなむにゅさんは、なんと「LINDA TOKYO」さんとのコラボレーション作品です。


LINDA TOKYOさんのブースでも発見!

そして、こちらが「LINDA TOKYO」さんのブースです。スナック菓子の缶も発見!その他、木のショーケースの中には人気作品がいっぱい。

おいしそうなブローチたちは、minneでも大人気。たくさんの種類が所狭しと並んでおり、ファンにはたまらない光景がそこに。


パン・パン・パン…!

そしてこちらにも、おいしそうなパンがいっぱい!思わず、匂いを嗅がれるお客さまも。

「petit-rêve」さんの作品のリアリティには圧巻です。小さなパン屋さんを、みなさん並んで順に眺めておられました。


華やかなお着物が素敵

色鮮やかなお着物がとってもお似合いの「映日果ラベル」さん。

繊細で華やかなアクセサリーは、身につけていたminneスタッフが「それ、どこで買えますか?」とお客様に何度も尋ねられていましたよ。


こちらのブースもインパクト大!

こちらは個性派ファッションアイテムがそろう、「holycrap」さんのブースです。スペースを上手く利用した陳列は、まるでアートギャラリーのよう。

代表作とも言える「PANIC HORROR(パニック ホラー)」がこちらに大きな口をあけていました。生で見ると迫力がちがいます…!


手に取りたくなる、ミニチュア革小物

こちらには、小さな小さなスニーカーが。革小物作家の「aoiumi」さんの作品にはほっこり。

ミニチュア二眼レフカメラは、なんと3cm以下。みなさん手に取り、思わずため息をこぼされていました。


美しいスイーツがズラリ

きらきらのフェイクスイーツが並んでいたのは、「きのこ」さんのブース。

本物と見紛うほどのスイーツがズラリと並び、お客さまからも驚きの声が。


市場のような売り場、野菜や魚が150種類以上。

こちらには、野菜や動物がいっぱい。すべてアクセサリーに変身するチャームになっています。

「食べものモチーフから作品づくりをはじめたので、マーケット(市場)をイメージしてみました」と教えてくれたmiyabiさん。市場さながら、どれにしようか迷っているお客さまがいっぱいでした。


人と人がつながる場所に

「minneのハンドメイドマーケット」は、”つくり手のみなさまとファンのみなさまが語らい、くつろげる広場のような空間”を目指し開催されたイベントです。 イベントやこのレポートが、みなさんの「新しい出会い」のお手伝いとなれればスタッフ一同うれしく思います。
次回もお楽しみに!