【特別企画】素材から考える新作品①「魔女のお手伝いセット」

minneの「素材カテゴリ」にて販売中の、「オカダヤ」のリネン生地を使って、キッズ作品を多く手がける作家・アカグミさんに新作品をつくってもらいました。

minneの「素材カテゴリ」が、さらに充実

作家のみなさまの幅広いものづくりと、ものづくりを「はじめたい」を応援するため、minneでは「素材カテゴリ」の種類や数を、さらに拡充してまいります。

7月19日からは、生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」の商品を一部購入することができるようになりました。


リネン生地をつかって作品づくり

今回は、minneでも販売中の「オカダヤ」のリネン生地をつかった作品づくりを、キッズ向け作品を多く手がけるアカグミさんに挑戦してもらいました。

Dailyスタンダードリネン オフホワイト
Dailyスタンダードリネン ナチュラル
Dailyスタンダードリネン レッド

なんと、企画をご相談した2日後には、こんなに素敵なラフをあげてくださったアカグミさん。3種類の作品をご提案いただきました。(上記画像は、そのうち1案)
あまりにも素敵なラフ案に編集部スタッフも感激です。さっそくご自宅にお邪魔して、制作の様子を見せていただくことにしました。

ずっとあたためてきた作品を

アカグミさん リネン素材をつかった作品は、以前からつくりたいと思っていました。すこし高価なので悩んでいたところ、ちょうどお話をいただけたので、とってもうれしかったです。ここぞとばかりに、思い描いていた作品をかたちにしました。

ミシンを使って、丁寧な刺繍を

今回は刺繍や着色の工程を見せてもらうことに。

下書きのうえから、丁寧に刺繍をほどこしていきます。

アカグミさん パリッとしていて丈夫な生地ですね。すこし粗目なので、ミシンもかけやすいです。汗もよく吸ってくれそうで、使い心地も良さそうなので安心しました。

ずっと使ってみたかった布ペン

アカグミさん 布ペンで作品をつくってみたいと、ずっと思っていたんです。温めていたものを、今回やっと活用することができました。

アカグミさん 塗ったあと、アイロンで定着させると洗濯にも強くなるんです。ふつうのマジックペンのように描けるのでいいですね。リネンにも描きやすいです。

刺繍で描いた模様のひとつひとつを着色して、エプロンと鍋つかみのあしらいが完成しました。

新作「魔女のお手伝いセット」が完成

アカグミさん 鍋つかみとエプロンをくっつけるボタンもつけてみました。最初はマグネットボタンで検討していましたが、熱いもの持つときに危ないと困るので、ボタンに変更したんです。ゴムになっているので、取り外しもしやすいと思います。

アカグミさん これはリバーシブルでもきれるように贅沢にリネンの二枚使いをしています。はっきりとした白色の素材だったので、塗った色もしっかり発色してくれましたね。

アカグミさん 手袋は大人も着用できるサイズにしています。赤色も、落ち着いていてとても上品なカラーなので、大人もうらやましくなってしまうデザインかもしれませんね。

見たことのない「お手伝いセット」に

実際に、娘さんに着用してもらいました。使い心地はどうでしょうか。

とうこちゃん かわいい!

アカグミさん 実は、指輪の色も娘が選んでくれたんです。

すっかり気に入ってくれた様子。素敵なポーズまでサービスしてくれました。

使い終わったら、専用の巾着に入れて収納できるのもうれしいポイント。

名前を書くためのかわいいタグも用意されています。

うれしい心遣いがいっぱいの「魔女のお手伝いセット」。お子さんにプレゼントすれば、かわいい魔女が、親子の特別な時間を運んでくれること間違いなしです。

第2弾では、素材から考える新作品「きちんとハンカチ」をご紹介予定です。おたのしみに。


minneの「素材カテゴリ」が、さらに充実

minneを通してものづくりをもっと楽しく、もっと身近に。作家のみなさまの幅広いものづくりと、ものづくりを「はじめたい」を応援するため、手づくりのオリジナル素材から、大量に取り寄せたい基本素材まで手軽にお買い求めいただけるよう、minneでは「素材カテゴリ」の種類や数を、さらに拡充してまいります。

7月19日より、「オカダヤ」の商品を一部購入できるようになりました。

ぜひご利用ください。