【特別企画】素材から考える新作品③「パンダスタイ」

minneの「素材カテゴリ」にて販売中の、「オカダヤ」の綿ジャージ生地を使って、キッズ作品を多く手がける作家・アカグミさんに新作品をつくってもらいました。

minneの「素材カテゴリ」が、さらに充実

作家のみなさまの幅広いものづくりと、ものづくりを「はじめたい」を応援するため、minneでは「素材カテゴリ」の種類や数を、さらに拡充してまいります。

7月19日からは、生地・服飾手芸材料専門店「オカダヤ」の商品を一部購入することができるようになりました。


綿ジャージをつかって作品づくり

今回は、minneでも販売中の「オカダヤ」の綿ジャージ生地をつかった作品づくりを、キッズ向け作品を多く手がけるアカグミさんに挑戦してもらいました。

綿ジャージ オフホワイト

なんと、企画をご相談した2日後には、こんなに素敵なラフをあげてくださったアカグミさん。3種類の作品をご提案いただきました。(上記画像は、そのうち1案)
あまりにも素敵なラフ案に編集部スタッフも感激です。今回は、ご自宅にお邪魔して、制作の様子を見せていただいたレポートの第2弾です。

はじめての素材でスタイづくりに挑戦

アカグミさん スタイをつくることが多く、いつも使用する生地は決まっているんです。今回はお題として、「綿ジャージ」をいただいていたので、それをどんなふうに取り入れようか検討した結果、この作品ができました。「こんな作品をつくりたいです」と自分から提案しておいて、うまくできなかったらどうしよう!なんてドキドキもしましたが、すごく楽しく取り組めましたね。

赤ちゃんの成長に対応できる仕掛けを

今回アカグミさんが挑戦してくださったのは、サイズ調整もできるパンダのスタイです。
作品へのこだわりや、工夫を凝らしたポイントについておしえてもらいました。

白と黒の綿ジャージをぞれぞれ使用しています。綿ジャージは、Tシャツによく使われている素材で、赤ちゃんにも安心して使ってもらえるので、とても好きな素材です。葉っぱ模様の部分は、手刺繍でひとつひとつ縫っています。

アカグミさん 赤ちゃんって、三ヶ月〜四ヶ月くらいのころはぷくぷくで、おっきいんですけど、成長すると逆に首が細くなってきたりするので、サイズ調整は二段階できるようにしてみました。

「おかあさん」ならではの視点をたいせつに

息子さんの登場です。

アカグミさん 何モチーフにしようかな~と考えていたのですが、黒と白の生地を使うので、子どもたちも大好きなパンダにしてみました。

せいたちゃんも、ご試着。かわいいパンダデザインとぴったりサイズにご満悦の様子。

アカグミさん 汚すためのスタイですから、お洗濯もしやすいようにつくりました。中に裏地をはっているので、つくりもしっかりとしたものになっていると思います。

2児のおかあさんでもあるアカグミさんならではの視点と心遣いが、作品に活かされています。

360度たのしいスタイに

ぐーんと体を伸ばしたパンダ。前はもちろん、横や後ろからみてもたのしいデザインになっています。

アカグミさん どこが前に来てもかわいいようにつくっています。子どもがつけていると気づけばくるくると回って後ろ向きになっていることも多いんですよね。どこから見ても愛嬌があるところも、この作品のポイントだと思います。

実際の子育て経験から、たくさんのヒントを得て生まれたアカグミさんの作品。お子さんはもちろん、おかあさんにもうれしいアイテムが、またひとつ仲間入りしました。


minneの「素材カテゴリ」が、さらに充実

minneを通してものづくりをもっと楽しく、もっと身近に。作家のみなさまの幅広いものづくりと、ものづくりを「はじめたい」を応援するため、手づくりのオリジナル素材から、大量に取り寄せたい基本素材まで手軽にお買い求めいただけるよう、minneでは「素材カテゴリ」の種類や数を、さらに拡充してまいります。

7月19日より、「オカダヤ」の商品を一部購入できるようになりました。

ぜひご利用ください。