8月8日、サマー・ドアリースを選んでみました。

8月8日は、日本記念日協会の認定を受けた「ドアリースの日」です。一年でいちばん環(わ)が多いこの日、minneに集まった素敵なリース作品をご紹介します。

サマードアリースを飾ろう

「扉から入ってくる幸せを永遠に」や「歓迎」といった意味が込められたドアリース。日本では「クリスマス」のイメージが強いアイテムですが、シーズンごとにデザインを変えれば年中、暮らしに彩りを添えてくれるインテリアになります。

minneで運営している3つのアトリエ、minneのオフィスでも、それぞれにぴったりのドアリースを選んでみました。また、アーティフィシャルフラワーやドライフラワー、ディスプレイグッズなどを製造販売する「横浜ディスプレイミュージアム」様には、”花材のプロッフェショナル”の視点で、この夏ぴったりな作品を選んでもらいました。

minneのアトリエ 世田谷

東京世田谷にある、「minneのアトリエ 世田谷」。選んだのは、kayokayo624さんがつくる「ベアグラスのリース」です。

プリザーブドフラワーのベアグラスやかすみ草、アスパラなどを使用しています。青々と力強い印象を与えてくれる、生命力あふれるデザインは夏のアトリエにぴったり。

アトリエのまわりに生える元気な草木にそっくりなこのリースに、運命を感じてしまいました。

この作品を見る

minneのアトリエ 神戸

「minneのアトリエ 神戸」に飾りはじめたのは、「一枚の葉」さんがつくる、ブルーライムのあじさいやシェルが美しいサマーリースです。

海が近い神戸の場所にぴったりなこの作品。まさに美しい海のように、心を穏やかにさせてくれる、やさしい風合いの作品になっています。

この作品を見る

minneのアトリエ 福岡

2017年にオープンした、「minneのアトリエ 福岡」。誕生したばかりのこの場所には、「Tyltyl Mytyl」さんの、真っ赤なリンゴがなる元気なドアリースを。

アーティフィシャルフラワーとプリザーブドフラワーを組み合わせたナチュラルなデザインが、DIYスタジオ「GOODAY FAB DAIMYO」内にあるアトリエのドアによく似合うリースです。

この作品を見る

東京オフィス

minneを運営する東京オフィスにもサマーリースを。ミニサイズながら、目に入るたび心奪われるデザインです。

色とりどりのビオラ、ルドベキア、カーネーション、紫陽花、ローズ…個性豊かな作品たちが集まる「minne」のサービスをイメージして選んだリースです。

この作品を見る

横浜ディスプレイミュージアム

「横浜ディスプレイミュージアム」様で選んでいただいたのは、「砂浜」をイメージした夏らしい個性派リース。

コメント

貝殻や多肉といった素材の使い方が目を引きました。夏のバカンスが想像でき、お客さまをもてなすドアリースにぴったりだと感じました。

この作品を見る

その他にも、個性豊かなリースがいっぱい

力強い葉っぱのリース

リースからはみ出るようにデザインされた葉が印象的。繊細なデザインなので、ナチュラルなインテリアにスッと馴染みます。

パステルの糸巻きリース

6色の糸をひとつひとつ巻き上げた糸巻きと、ナチュラルの木の実をあわせたリースです。ミシン仕事や手芸好きの方にもぴったり。

ペッパーベリーのリース

プラスチックのおもちゃのようなピンク色のペッパーベリーのリースです。間に貝殻やかすみ草の“白”を仕込んで、季節感をプラス。

あじさいとヒムロスギのリース

区切るように植物が配置されたデザインが新鮮。カフェに飾られていそうな、ナチュラルで温かみあふれるデザインです。

「ドアリースプロジェクト」について
https://doorwreath.jp/

横浜ディスプレイミュージアム

横浜ディスプレイミュージアムは、アーティフィシャルフラワー(造花)やドライフラワーやクリスマスグッズやディスプレイグッズなどを製造販売するメーカー株式会社ポピーが運営する文化商業施設です。

公式サイトはこちら