リボンやレースで埋め尽くされた、⼄⼥⼼くすぐる⼿芸屋“リボン専門店”「pita」

ハンドメイド好きならきっと訪れたくなるショップをご紹介します。今回ご紹介するのは福岡県福岡市にある「pita」。店内にはレースやリボンをはじめ、さまざまな素材や雑貨がところ狭しと並べられていて、⼄⼥⼼をくすぐられっぱなしです。

今回ご紹介するのは福岡県福岡市、カフェやインテリアショップなどこだわりのショップが多く⽴ち並ぶ平尾エリアにひっそりと佇む⼩さな⼿芸屋さん「pita」です。実はこのお店、以前minne mag.でご紹介させていただいた「Dua」の姉妹店なのです。
もともとは「Dua」で取り扱われていたリボンやレース類。2016 年6 ⽉に、数や種類を⼤幅に増やして「pita」へお引っ越しさせたのが、このお店のはじまりだそうです。「Dua」からも徒歩5 分ほどの場所なので、ハシゴしてお買いものされる方も多いんだそう。

 

ノスタルジックな雰囲気の店内

扉を開けてまず⾶び込んでくるのが、ヨーロッパの⼩さな⼿芸店を彷彿とさせるようなインテリアと、ところ狭しと並ぶ素材たち。店内には、リボン約500 種類、ワッペン約400 種類…合わせて1,000 種類以上もの商品が並びます。

壁⼀⾯にリボンやレースが

オーナー⾃ら、ヨーロッパを中⼼に東南アジアや⽇本国内で買い付けられた商品たち。中でもリボン類の種類の多さは圧巻のひとこと。カラーバリエーションもしっかりそろっているので、⽬移りしてしまうこと必⾄です。さらに、「AVRIL」など⼈気の⾼いアイテムも充実。リボンは50cm 単位で販売、AVRIL のミニコーンタイプの⽷は1 本単位での販売です。

まるでキャンディのようなカラフルなビーズたち。プラスチックのプレートを買いものかご代わりにして選びます。

何個も欲しくなるワッペン

ワッペン類は、キュートな動物モチーフやエンブレムモチーフなど、⼦どもから⼤⼈までついつい欲しくなってしまうようなラインナップ。「洋服やポーチなどのワンポイントに付けられる⽅が多いですね。先⽇、『靴に付けようと思っています』というお客さまがいらっしゃって、素敵なアイデアだなと思いました」と店⻑の⼤津さん。お客さまから逆に使い⽅のヒントをもらうこともあるのだそう。

pita でしか⼿に⼊らないアイテム

ポーチはお店でしか⼿に⼊れることのできないオリジナル商品。フランスの⽣地を⽤いたもので、ジップ部分にはタッセルが付けられています。

店内の⼀部には、ハンドメイドブランドのセレクト商品も販売されています。minne でも⼈気の作家「CHIMNEY」 さんの“突⾵ちゃん!”を発⾒。

アクセサリーのオーダーメイドも可能

そして、Dua と同様、アクセサリーのオーダーメイド制作も可能。写真のものは、pita にある材料だけで制作されたもの。もちろん、Dua で販売されているパーツと組み合わせての制作も可能です。

ワークショップも開催

pita では、9 ⽉から毎週⾦曜⽇にワークショップを開催。4 回ワンセットで⾏われる、アクセサリーづくり初⼼者の⽅むけのワークショップをはじめ、1 回でアクセサリーを完成させる中級者向けのものも開催。写真のようなアクセサリーをつくることができます。

“これは何に使うパーツだろう?” “どうやってつくればいいんだろう?”そんな些細な疑問も、スタッフの⽅たちが親⾝になって相談に乗ってくれるので、初心者の方でも安⼼してお買いものを楽しむことができます。  
つくることの楽しさ、オンリーワンのアクセサリーを⾝に付けることの楽しさを、教えてくれる空間「pita」。ぜひ⾃分だけの“楽しい” “かわいい”を探しに、⾜を運んでみてください。